100歳時代プロジェクト「テレワーク移住」が栃木県鹿沼市とオンライン移住ツアーを開催 ~参加者募集~

 誰もが100歳まで生きることが当たり前となる100歳時代のライフプランを考える「100歳時代プロジェクト」。その一環として、テレワークで今の仕事を続けながら地方での生活スタイルを提唱する「テレワーク移住」を立ち上げた。

鹿沼市、朝もやの眺望 鹿沼市、朝もやの眺望

 その第一弾として栃木県鹿沼市と23日(月)に「栃木県鹿沼市オンライン移住ツアー」を開催する。東京から100km圏内で電車では約90分でアクセスが可能な鹿沼市。当日は鹿沼市長の挨拶から、鹿沼市のおすすめ物件や地元事業者の話、参加者同士のオンライン懇親会を予定している。参加は無料で、参加者には鹿沼市の特産品をプレゼント。

【テレワーク移住とは?】

・現在の東京での仕事はテレワークで続けながら、地方に移住するという新しい移住のスタイル

・通勤時間や会議などに縛られないので、多様なライフスタイルの選択が可能

・同じ家賃でより広い家に住むなど、余裕をもった暮らしができる

【鹿沼市ってどんなとこ?】

・東京からも100km圏内で、電車なら約90分でアクセス可能

・県都の宇都宮市と世界遺産の日光市とも隣接し、どちらも約30分でアクセス可能

・関東平野と日光の山岳地帯を併せ持ち、標高差1400mという変化に富んだ地形で、

ほどよく自然に恵まれ、ほどよく便利。

【参加者プレゼント】

・一本杉農園のレーズンとクルミのラスク

・手づくりショコラ工房アカリチョコレートのとちおとめトリュフショコラ

※鹿沼市の移住定住パンフレットも同封いたします。

※プレゼントの発送は申込時期により、イベント後となる場合があります。ご了承ください。

一本杉農園のレーズンとクルミのラスク(左)、手づくりショコラ工房アカリチョコレートのとちおとめトリュフショコラ(右) 一本杉農園のレーズンとクルミのラスク(左)、手づくりショコラ工房アカリチョコレートのとちおとめトリュフショコラ(右)

【ツアー概要】

・開催日 :11月23日(月)

・時間  :14時00分~16時00分 ※2時間程度想定

・参加費 :無料

・参加方法:ZOOM ※参加者には事務局よりURLを送付いたします。

・参加人数:最大50組 ※先着順での当選とさせていただきます。

・募集期間:11月5日(木)~

      ※受付は終了しました。

【ツアーの流れ】

・はじめに     企画説明

・鹿沼市の魅力紹介 鹿沼市長挨拶、鹿沼市のアクセス情報、物件情報他

・地域事業者の話  一本杉農園による事業紹介

・先輩移住者の話  地域おこし協力隊の方の移住実体験の紹介

・参加者同士の懇親 移住希望者同士や鹿沼の人たちとの交流

一本杉農園 代表 福田大樹

鹿沼市出身。鹿沼市の田舎のほう、里山に囲まれた南摩地区にて農業を中心に、パン屋、カフェ、おでん居酒屋を経営。

手づくりショコラ工房アカリチョコレート オーナーショコラティエ 上原晋

東京・群馬・栃木と外食企業を経て洋菓子界へ転身、 県内パティスリー数店及びチョコレート専門店で修行後、2008年2月に栃木県鹿沼市にて開業。

月とスパイス 上杉龍矢(地域おこし協力隊)

鹿沼の自然と市街地のバランスが取れた環境に魅力を感じ、東京都から移住。旅行先のインドで家庭料理を習ったことをきっかけに、スパイスたっぷりの南インドカレーをマスターし、カレー店「月とスパイス」を鹿沼市でオープン。

【応募方法】

必ず応募規約をお読みいただき、同意のうえ応募フォームよりご応募ください。応募フォームから応募後、事務局からメールをお送りいたします。

メールに必要事項をご記入の上、ご返信いただいた方から当選とさせていただきます。

■主催:産経新聞社

■共催:栃木県鹿沼市、鹿沼市雇用・移住・定住促進協議会

■後援:ハイブリッドワークライフ協会

   (https://www.pasonagroup.co.jp/hbwork/

■企画協力:手づくりショコラ工房アカリチョコレート、一本杉農園、月とスパイス、ノットワールド

この記事にアクションする